20代からの家作り

20代で家を建てた夫婦の家作りに関するブログです。日々の出来事やインテリアの紹介などをしています!

20代の家作り

【20代注文住宅購入の決断】SUUMO相談カウンターから始まる家作り



 

 

 

本日の目次

はじめに

 

僕たちは20代半ばで注文住宅を購入して、現在の家には2017年から住んでいます🙌

当時はまわりの友人で家を買っている人は全くいなくて、手探りで家作りを始めました。

なので最初はとにかく訳もわからずSUUMO相談カウンターに駆け込んだのを覚えています(笑)

20dai-iezukuri.com

SUUMO相談カウンターでは僕たちの生活状況や理想の家の雰囲気などを話し、それに合わせてハウスメーカーや工務店の紹介、またローンのシミュレーションなどをしてもらいました🙌

 

 SUUMO相談カウンター

・全国のショッピングモールの中などにSUUMO相談カウンターがあります。

・希望する家の雰囲気などを話して、ハウスメーカーや工務店の紹介をしてくれます。

・簡単にローンのシミュレーションもしてくれて、支払いのイメージもつきました。

・相談料は無料で、家作りの最初に相談する場所としてオススメですよ!

 

そして、 SUUMO相談カウンターに手配してもらったいくつかのハウスメーカーと工務店を見学して、購入に至ったというわけです。

 

事の経緯を簡単に話すとこんな感じですが、その過程では注文住宅を買おうと決断したいくつかの要因がありました。

 

今回はそんな僕たちが20代で注文住宅の購入を決断した経緯についてお話したいと思います😄

 

僕のひと言

20代で注文住宅を買うのって勇気がいりますよね...

僕たちも最初は分からないことだらけで、不安もありました😓

 

 

 

20代で注文住宅の購入を決断した理由

 

好きな間取りで家作りを自由に楽しみたかった

 

 

アパートに住んでいる頃からインテリアを集めたり、簡単なDIYをしたりと....

自分が落ち着ける家を作っていくことに興味がありました😆

 

僕のひと言

写真の中にある「こたつの天板」や「スピーカーを置いているボックス」など、簡単な物ですが自分でDIYしました!

 

それでもアパートだとあまり広くはないですし、当然壁に穴を開けることも出来ません。

そんなアパートでコツコツ家作りをしていましたが、徐々に「もっと自分の好きなようにやりたいーーー」という欲求が強くなっていったんですよね(笑)

 

だからこそ建売住宅ではなく、自分の好きなように間取りや建具を選びたくて注文住宅を購入することにしました!

 

アパートの賃料がもったいなく感じた

 

当時僕たちが住んでいたアパートの家賃は10万円弱ぐらいでした。

それもあまり広くはないですし、おまけにとにかく暗い部屋だったんです😂

 

なので、一度は別のアパートに引っ越そうと思って不動産屋にも行きました。

ただ、引越し費用も数十万円かかりますし、嫁様と「アパートにそんなお金かけるのもどうなんだろう」と話していました。

 

僕のひと言

アパートにもメリットはあると思います!

先の生活が不透明な方、セキュリティを重視したい方などにとってはアパートの方が良いこともありますからね👍

 

冒頭にお話をしたSUUMO相談カウンターに行った時、上述したお金に関する疑問を相談しローンシミュレーションをしてもらいました。

そこで簡単な試算をしてもらった結果「これ、意外と家買っちゃってもいいんじゃない?」となったわけです😊

 

アパート時代よりも住宅ローンの方が少し高いですが、それでも狭くて暗い部屋から脱出できたので、それを考えれば安いものです(笑)

 

夫婦共に住みたい場所が一緒だった

 

僕の周りは地方出身の友人が多いのですが、よくその友人たちが「どこに家を買えばいいか分からないんだよな」と話しています。

中には数年付き合っていた彼女が地元に帰りたいと切望し、やむを得ず別れたという友人もいます😭

 

僕のひと言

地元に戻るのか、それも夫婦どちらの地元にするのか、そんな問題はよくありますよね...!

 

その点に関しては僕たちの場合、たまたまお互いの実家が近所だったんですよね😳

別に幼馴染とかっていうわけでもなく、ホントにたまたまだったという...!

 

20代で注文住宅を購入する時はまだ子どももいなくて、嫁様と2人暮らしでした。

そして、これから子どもが生まれることを考えると「実家の近くの方が子育てはしやすい」という共通認識がお互いにありました🙌

 

そういう意味では本当に都合良く、僕たちにとってはお互い共通の地元に戻るという選択肢しかありませんでした😆

 

実家の近くは子育てしやすい

僕たちは共働きなので、何かあればどちらかの親が娘の面倒を見てくれています。

娘が急に発熱して保育園を早退する時、嫁様とスラムダンクの映画を観にいく時などは実家に娘を預けています(笑)

他にも週の半分以上は実家に行って夕飯を食べるなど、食事の準備も有難いですね☺️

 

夫婦共に転職がしやすい業種

 

先ほどのお話と似た部分がありますが、家を買うにあたって仕事も重大な要因になりますよね!

中には通勤エリアで考える場所も多いのではないでしょうか!

転勤があれば、家を買うこと自体が難しくなる場合もありますよね😓

 

僕たち夫婦はある国家資格を持っていて、その資格で仕事をしています。

お給料が決して良いわけではありませんが、有難いことに全国どこでも求人が出ているので、引越し先で仕事に困ることは無いだろうと考えていました。

 

国家資格があるとローンが通りやすい?

国家資格があると、ローンの審査が通りやすいというお話もあるみたいですね!

僕たちも銀行の審査の際は国家資格の証書を提示して欲しいと言われました。

 

転職がしやすい職種であれば住まいのエリアも広げやすいですし、家を買う決心が付きやすいかもしれませんね🙌

 

子どもがいないから建売住宅より注文住宅を選んだ

 

僕たちが注文住宅を購入した時は夫婦2人暮らしでした。

子どもが何人生まれるか分からない中で家を買うということは、間取りもどうすれば良いか分かりませんよね😓

20代で家を買うということはそういった心配があると思います!

 

 

 

将来の家族構成が分からないからこそ、僕は注文住宅を選びました!

 

 

間取りを自由に変えられるような設計にしておけば、ある程度の家族構成の変化には対応出来ますからね👍

↓ 詳細はこちらの記事でも紹介紹していています😄

20dai-iezukuri.com

 

建売りの家だとなかなかそういった間取りの家は多くないですよね😓

先の生活が不透明な20代だからこそ、注文住宅で自由な家を建てるというのはアリだと思います💡

 

間取りを変化させる

子どもが生まれなければ、2階のフリースペースはサブリビングにする予定でした。

今は長女・次女が生まれたので、いつか子ども部屋を2つに分ける予定です✨

 

 

 

今のところ20代で注文住宅を購入して後悔無し

 

20代で注文住宅を購入し、現在は30代半ばに突入しようとしています!

長女と次女が生まれ、夫婦ともに転職をし、振り返れば生活が劇的に変化していました😆

子どもが生まれればお金は必要になるし、経済的にも変化がありますが...

 

 

 

今のところ注文住宅を購入して後悔はありません!!

 

 

 

 

家計のプロでは無いので細かいことは言えませんが、好きな家で好きな家族と過ごし、週の半分は実家に娘を連れてみんなで夕飯を食べ、休日は友人を招いてBBQしたりと...

僕にとってはもう十分すぎるぐらいに幸せです☺️

 

お金では測れない幸せがありますから、生活状況に合わせて購入を検討してみてはいかがでしょうか!?

 

 

 

さいごに

 

それでも20代のみなさん、心配や不安がいっぱいありますよね...!

結局 SUUMO相談カウンターに相談するのが一番だと思います(笑)